板金の知識

部品忘れ防止

弊社で実践している品質管理についてをここでは書かせて頂きます。

ISO9001認証取得しておりますが、それだけでは見えない具体的な中身を見て頂こうと思います。

Contents

溶接工程、ASSY工程では部品忘れの不具合があります。

図面通りに溶接、ASSYを実施していれば起こりえないのですが、それでも発生してしまう事があります。

その原因としては作業前の部品確認を怠る事が原因としてあります。

また作業前の確認を実施していても起こる事があります。

それは3Sの行き届いていない職場環境の場合に起こりえます。

作業漏れがあっても、例えば部品を落としてしまっても、3Sの行き届いた職場はそれに気付ける環境になります。

 

毎日、朝に13分間の3S時間を設け作業場の整理、不要なものの整理、を実施しています。終業時には、当たり前の事ですが、作業回りの整理を実施してから帰宅するようにしています。
社内で良く言われる言葉に、作業場はまな板と同じという言葉があります。一流の料理人の方はその料理を作る際に必要なものだけを乗せて、不要なものは身近にありません。また調理が終わればまな板は都度キレイに清掃されます。
それと同じように作業場もしなければなりません。その地道なルーチンの繰り返しが品質をあげる最も近道だと考えております

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

GROUP