板金の知識

箱物板金の溶接技術と図面展開のコラボ

55年間培われてきた要素技術

 創業当初より、オーダーメイドでのロッカーやスチール家具、その他箱物筐体の設計・製作に携わってきており、その図面データやノウハウは多大なものとなっています。例えばロッカーでは0.7~1.0tのスチール鋼板で、高さ1790や1600といったものが多く、制御盤や配電盤などでは、2.3tや1.6tのものが多いです。

板金の知識やノウハウを活かし、箱物筐体の設計からご相談いただけます

ノウハウの蓄積と棚卸し

 様々なお客様を通じて、多種多様な業界・製品の要求機能を満たしてきた経験があります。要求強度を確保するには板厚をどのように設定するのか、補強はどこにどのような形状で配置するのか、防水性能を持たせるにはどのような構造にすれば良いのか、図面展開段階での細部の切欠き形状はどのようにするのか等、様々なノウハウがあります。その創業から引き継がれているイズムを3Dモデリングの基本設計に落とし込み、また現場で製品に触れる事により、机上のものを経験と置き換え、設計者のレベルアップを図っています。

用途に応じた設計を3Dモデリングにて行い、生産に携わることでより深い知識と経験を身に着けます。

加工改善の仕組みと運用PDCA

 当社の強みは、設計技術部隊が充実していることです。新規設計の場合には、モデリングを自社で行い、バラ図展開や溶接図面作成をしています。また、特に“製作検討会”や試作後の“社内設変(不具合排除と加工改善)”に注力しており製造現場の声をすぐに反映出来る仕組みがあります。それにより製品の出来映えはもとより、生産性の向上、設計者の知識レベルの向上に繋がっています。

オープンなPDCAを行い、生産性の向上や品質維持に関する板金知識の応用技術を、多部門にて共有いたします。
不具合や改善提案は早急に社内全体で対応いたします。

お問い合わせ先

株式会社 仁張工作所
072-962-2831(代表)
大阪府東大阪市水走3丁目14番6号

設備や運用方法を動画でもご紹介させていただいております。

Youtube 仁張工作所チャンネル

 

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

GROUP