板金の知識

塗装品質を維持していくための取り組み

当社の最大の特長、“一貫生産体制”をする上で、自社で塗装を行うことはとても重要な要素になっています。品質責任の所在顕在化やリードタイム短縮には、社内でやり切る事が一つの重要なファクターです。特に塗装工場を社内に有している板金加工業者は全体の中でもそれほど多くなく、当社にとって大きな強みとなっています。塗装工程に負荷のかからない生産を意識づけ、技術レベルのアップに繋がっています。(特にパテのいらない、溶接仕上)また品質面ではどの塗装方法でどこまでの仕上が必要か、溶接と塗装の工程間で確認をする事によって、必要最小限のエネルギーで品質を担保出来るように基準を定めています。

粉体塗装の様子です

塗装作業のノウハウ蓄積

塗装作業に於いて、レシプロケータや№2などの汎用的な自動塗装設備はありますが、最終の仕上工程や細部の仕上げでは自動設備では対応出来ないのが現状です。その為に弊社では制御盤等で良く使用されるルーバー部分のように、入り込んだ塗装のやりづらい部分など、ベテラン作業者のノウハウを作業ポイント表として、共有出来る取り組みを進めています。

製造時の注意事項を手順書として作成しています

将来

奇をてらった斬新な事を実行する事よりも、基本に忠実で「お客様の品質要求に対して、自信を持って担保出来る塗装である事が目指すべき姿である」と考えています。焼付温度の確認、前処理液の濃度確認、密着試験の日々の実施、などの塗装を生業とする者として当然の事を粛々と実施し、一方で生産性を上げる為の細かな改善の積み重ねを実行できるようにしていきます。

着色し、粘土を計測しています

お問い合わせ先

株式会社 仁張工作所
072-962-2831(代表)
大阪府東大阪市水走3丁目14番6号

設備や運用方法を動画でもご紹介させていただいております。

Youtube 仁張工作所チャンネル

 

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

GROUP