板金の知識

画像を用いたこれからのミスゼロ識別管理

従来の識別管理の課題

 当社は創業以来、主にロッカーやスチール家具等の箱物筐体の設計・製作に携わってきました。基本となる5工程は、抜き→曲げ→溶接→塗装→仕上げです。“溶接”や“ネジ止め・リベット止め”といった“接合”工程があったり、“抜きだけ”や“曲げまで”といった途中で加工完了となる場合もあり、そこでは当然、“いわゆる部品点数”は下流工程にいけばいくほど減少していきます。

 つまり、当然ながら抜き工程が最も点数が多いのです。一方、工程への加工指示は、一元化された生産管理システムから発行されるパラレルでの“作業指示書”と付随の“現品票”であり、日々の帳票枚数は莫大な数になっています。この傾向は、箱物板金だけでなく精密板金部品のウェイトが膨れ上がり、多品種少量(ロングテイル)化している現在では、年間で40万部品にも及ぶ現状があります。

従来の目視による識別

未来を見据えた共同開発と導入

 事業の柱のひとつである“サプライヤー”、いわゆる精密板金部品の提供の中で、日々膨れ上がるブランク完了後の識別(いわゆる抜き完後の仕分け)は近年大きな課題としてありました。展示会でヒントを得て、構想を練り、ある業者様との共同開発で、抜き後の板金をカメラで画像認識させ、部品を特定する装置を開発しました。バックデータとの連携で、弊社のLOT№や、次工程など、必要な情報が印字される現品シールの発行までが可能になっており、世の中に誇れる装置となりました。

これからの可能性の模索

 この仕組みをさらに高め、今後出荷検査や、BEND工程以降の識別でも使用可能な3Dレベルでの識別を具現化しようと、さらに進化した識別方法を模索しています。

測定器による出荷検査

お問い合わせ先

株式会社 仁張工作所
072-962-2831(代表)
大阪府東大阪市水走3丁目14番6号

設備や運用方法を動画でもご紹介させていただいております。

Youtube 仁張工作所チャンネル

 

仁張工作所

nimbari

SEARCH

CATEGORY

GROUP